「私のネオン作品は、自然界を凍結させているんです。ゴールデンアワー、日没、日の出などの太陽の景色を観察します。」

シャノン・マクミレンは、色を使用して空間を変換するミニマリストのネオンライト彫刻を制作しています。夕日、ゴールデンアワー、または穏やかなグラデーションの夜明けのシンプルさに触発されており、彼女にとって自然界は絶え間ないミューズであり続けています。彼女のプロセスは、実に瞑想的。シャノンは、マイアミアートバーゼル、フリーズロサンゼルス、ネオンアート美術館などに出展しています。

Banks Journal:今日はシャノンが「YourLosAngeles」の小さなツアーに連れて行ってくれます。最初はどこへ行くの?

シャノン・マクミレン:ロサンゼルスのフラワーマーケットを散歩するのは楽しいだろうと思いました。インスピレーションを得るためによく行くお気に入りのスポットの1つです。

BJ:ロサンゼルスのフラワーマーケットは、隠れた美しいスポットですよね。このカラフルで多様な場所を最初に見つけ、体験したきっかけは何ですか?

SM:叔母が最初にフラワーマーケットを紹介してくれたと思います。彼女と私の叔父は、ロサンゼルスの草月流を通して生け花と呼ばれる日本の生け花のスタイルをやっています。それは非常に彫刻的で、本質的に最小限です。まるで、視覚的なキャンディーのようです。

BJ:生け花はとても美しくクリエイティブなフラワーアレンジメントです。あなたも、生花をすることがあるんですか?

SM:草月流でスタイルで探求し、そこから自分なりの花を扱う方法に取り入れようとしています。家に生花を置くことは日常茶飯事です。

BJ:フラワーマーケットを歩いた後、一緒に花々を探す前に、少し食欲を満たしたくて。ちょっとした軽食のために向かうお気に入りの飲食店はありますか?

SM:うーん。とてもたくさん。それは私が何を求めているかによります。私のお気に入りのいくつかは、ベジタリアンバインミーのためのエコーパークのキエンザン、充実した朝食ブリトーのためのアトウォーターのタコスヴィラコロナ、ロモサルタードのためのナタリーのペルー、エコーパークのタコスアリザスも必見ですね。

BJ:なるほど、料理の知識でも私たちを退屈させることはないんですね。広大なロサンゼルスを歩き回ることは、生まれ育ったているとはいえ、かなりの偉業である可能性があります。好きな交通手段はありますか?

SM:’76Puchという、オートバイを持っています。天気の良い日の短距離移動用はこれかな。あとは、私がビーチやロードトリップ、家具やアートの移動に使用するのは、祖父の古いトラックですね。そして、’96ジャガーは、日常使いしている車です。車を元の状態に戻したくて、少し作業中ですが、これが3台の中で間違いなく一番のお気に入りです。ただし、オルベラ街やダウンタウンまで電車で行くのもとても好きです。

BJ:トラックはもしかしたら、あなたのお気に入りではないかもしれませんが、芸術活動や家具の調達で多くの用途を得ているように思えます。最近見つけたお気に入りの作品や、特に探しているものはありますか?

SM:いつも面白い作品を探しているような気がします。アート、彫刻、家具など。私自身のために、クライアントのために、または販売するために。私は最近、いくつかの宝物、古いコンゴの猿のマスク、そしていくつかの中国の枕を見つけました。一般的な宝物とはいえないかもしれませんが、非常に特別です。

BJ:あなたの家でご自身が制作されたいくつかのユニークなネオン彫刻と一緒に、それらの宝物も見ました。これは失われた芸術の形であり、一方で、本当に懐かしいもののように感じます。創造性を表現することになったきっかけは何ですか?

SM:私は数年前、ネオンアート美術館で最初にネオンを媒体として実験的に制作をしました。私はすぐに光と色が一緒になって空間を変える方法に惹かれて。最初の作品を作った直後に最初の個展が提供されました。それ以来、私はマイアミアートバーゼルやロサンゼルスの他のショーに出展してきました。

BJ:ネオンというとどうしてもサインや看板で使われる傾向があるため、あなたのネオンは世界的に見ても本当にユニークです。作品の色や形のインスピレーションはどこから来ていますか?

SM:私のネオン作品は、自然界の瞬間を凍結させたものです。ゴールデンアワー、日没、日の出などの太陽の景色をよく観察します。これらの自然現象で現れる色の強さは、作品の中で再現するのに毎回ワクワクします。また、制作の素材にデッドストックのネオンを扱うことは、たとえばLEDとは異なり、別の要素ももたらします。例えば、特別な色調のイタリアングラスを見つけることができることもあるんです。これらは、原題ではもう複製することができない場合もあります。それらが本当に類のないものだからこそ、それを用いて作品を制作することにさらに興奮します。

BJ:ネオンの彫刻での古いものと新しいものの混合は、あなたが私たちのためにまとめたJournalJamsのジャンルの混合と非常によく一致しています。もしあなたが音楽のために単一の時代にフォーカスするとしたら、それはいつだと思いますか?

SM:ああ、それは難しい…うーんその質問はスキップ。

BJ:ハハハハ…今日はロサンゼルスを案内して、Journal Jams Vol:30をまとめてくれてありがとう。

SM:こちらこそ、考えを共有する機会をありがとう!(シャノンの詳細については、彼女のWebサイトをご覧ください→ http://shannonroxannestudio.com/