商業的な理由で、廃棄されそうになっていた国内の高品質素材。BANKS JOURNALはそれらを集め、リデザインし、新たなコレクションを発表。リパーパス(Repurpose)、つまり、素材へ新たな目的や価値を生み出す試みとしての第一弾では、ブランドのクラフトマンシップが詰まった数珠のアイテムが揃っている。

オーバーなサイズ感でスタイリングの幅を広げてくれる、ベーシックなシャツシリーズ。ワークっぽさとドレッシーな要素がバランスよく合わさった印象の秘密は、そのステッチワークとディテールにあり。

生地の種類は3つ。ホワイトの生地はメンズ・ウィメンズ問わず一枚は持っておきたいスグレモノだ。ナチュラルな印象のインディゴは、素材の持つナチュラルな立体感と、使うこむほどに色落ちが楽しめるのが特徴。
縫製はどれも国内で行われており、ジーンズの聖地・岡山が誇るクラフトマンシップが詰まった精密さと遊び心が宿る。

ちなみに、軽やかな印象ながら、子供っぽくなりすぎないのがもう一種類のストライプ生地の妙。普段は敬遠しがちな柄でも、ぜひ一度手にとってみて。ポケットのアクセントもニクい。

ヒップ周りのゆとりから、裾までの絞りの曲線がなんとも絶妙なスリムフィットデニム。日本製のストレッチデニムを、ジーンズの聖地・岡山県の児島で縫製。履くだけでスタイルをシックにまとめてくれるスグレモノだ。

生地は2種類を展開。よりシックな印象のワンウォッシュと、カジュアルさが絶妙なヴィンテージ加工。こだわりが詰まった細やかな縫製や、リサイクルレザーを使用したパッチにも注目。

関心がますます高まるサスティナビリティーへの取り組みと、日本のクラフトマンシップが詰まったアイテムたちは、自分たちはもちろん、次世代へスタイルを繋いでいく第一歩。
自分が着て、心も体も気持ちがよくなるものを選んでいく。そんな気概が伺えるコレクションとなっている。