今回君たちに紹介するのは、ヌーサフェスティバルのトムペインのトピックスです。

毎年夏の終わりに、サイクロンシーズンはオーストラリアのサウスイーストクイーンズランドを襲います。それは、東海岸がクープラの数か月の間に見る最高のサーフィンのいくつかを生み出し、世界中から最高のサーファーを引き付けます。

ブリスベンの北90分に位置するヌーサヘッズには、世界で最高のライトポイントブレークがあります。ヌーサのサーフィンフェスティバルの本拠地でもあります。今年はWSLワールドロングボードツアーの最初の訪問地でした。彼らのスキルをテストして、ロングボードサーフィンの素晴らしいギャラリーを開催するために町にいました。個人的に、私はいくつかのヒートでフラグを取り、イベントで最高のヒートスコアを達成しましたが、4ラウンド目を通過できず、25位におわりました。仲間のマット・チョイナッキ、ハリソン・ローチ、クロエ・カルモン、ケリア・モニスと一緒に漕ぐのが楽しくて、すべてが他の競合他社の最高水準にあります。ジョエルチューダーは、一週間クリニックを主催し、男性の部門から外れましたが、ハワイのケリスカレオパアは女性の部門で優勝しました。

ロングボードコミュニティが集まり、いくつかの波と楽しい時間を共有する絶好の機会です!毎年、サーフボードをワゴンを詰め込み、イベント後に南に戻りたくなくなります。楽しい時間をありがとうヌーサ。

 -TP