「ペルーのアグアディート、クラフト感のある麦スープ、深いフレーバーを持つボルシチ、ベトナムのカインチュア、アイビーリーグのチャウダー、上品なコンソメ、出汁、フュメ、冷たいガスパッチョ、熱いガンボ、スムーズなビスク、心を奪う味噌汁、その種類にかかわらずスープとは休憩を意味するようなものだ。」- Ty Williams

海外旅行でWilliamsは様々な種類のスープを味わってきた。それぞれに独自の味があるが、共通しているのは長い一日の終わりに人を幸せにさせてくれるという点だ。休憩の時間にゆっくりできる聞きやすい曲を集めたTyの最新プレイリスト「Burnt Soup(焦げたスープ)」を楽しんでほしい。