自分たちが2020年にいることを理解するのって難しいよね 。

この”2020″という数字を見ていると、未来っぽく感じるかもしれないけど。

もしも、10年か20年前に、2020年にみんなが期待していたことを聞いたとしたら、おそらく無機物から作り出された合成食品を食べていて、家ではメイドロボットがいて自分たちのお世話をしている、と話すかもしれない。

今の自分たちに同じ質問をしてみたらどうだろう。たぶん”2020年は今とそんなに変わらないよ”って答えるかもね。でも、服を着るとほんの少しだけ気分が晴れたり、 ノスタルジックに浸れるのはきっと未来でも変わらない。

そして、今シーズンのテーマは、自分たちが思い描いていた”別の未来”

2000年問題を思い起こさせるような、大胆なカラーリングと力強いグラフィックスに、心を奪われてしまうかもしれない。