秋から冬に移ろいつつある今日この頃。今回は、これからの寒い季節にマストバイな「裏毛スウェット」をランキング形式でご紹介!おうちの中でも街でも、そのまま一着でも、アウターのインナーとして着れて通年使いやすい真の万能アイテム、それが裏毛アイテム!ということで、POCでも豊富な種類を今年はご用意しています。それでは、さっそくランキングを見ていきましょう!

10位:Afends NO CAMPING ¥10,780(税込)

フォトプリントに、まるでボールペンで書いたようなデザインは「No Ovenight Campingはストリートのルール。何が起こるかわからないからそのまま朝を迎えるのは厳禁だ。」というメッセージ。

9位:Critical Slide EL OSO CREW ¥12,980(税込)

ブラックのボディにオレンジが鮮やかに映える、クールなデザイン。グルービーなフォントが抜け感に。

8位:Critical Slide VERY NICE CREW ¥12,980(税込)

南国っぽい背景、レディの陽気なプリントはSHAUN GONZALESのアート。茶目っ気のあるラスタなデザインが、気持ちまであったかくしてくれる。”VERY NICEな明日を夢見て今日を頑張ろう”というメッセージが込められている。

7位:BANKS JOURNAL HEADING HOOD ¥11,880(税込)

秋冬に欠かせないフーディは、色で遊ぶのがおすすめ。特にサーモンピンクは、何にでも合わせやすいカラー。

6位:Afends POSITIVE ¥12,980(税込)

ベーシックなシルエットに、刺繍のワンポイント。シンプルながら、ボディとロゴのカラーバランスの繊細さがニクい。

5位:Critical Slide HOUSE OF SLIDE HOODY ¥14,080(税込)

大人になった今だからこそ着こなせる、ブルーとレッドの色合い。大きめバックプリントは、見せるようにして歩きたいところ。

4位:BANKS JOURNAL MODULE CREW ¥10,780(税込)

ありそうでなかった、ゴールドのプリントに注目。今年っぽいネイビーカラーは、ワントーンになりがちな季節にも合わせやすい。

3位:Afends PSITIVE CHANGE ¥10,780(税込)

シンプルながらブランドのフィロソフィーの詰まった一枚。両胸と背中にプリントされた、現代への問いかけに注目してほしい。

2位:BANKS JOURNAL EVERYWHERE HOOD ¥11,880(税込)

ライトグレーとフォントの軽やかさが、アクティブな読者にぴったりなパーカー。沈みがちな秋冬のファッションを脱却したいなら、必須アイテムかも。

1位:Critical Slide INPRINT CREW ¥12,980(税込)

ライトオレンジとブラックのコントラストは、言わずもがななクールさ。両肩に背負うような位置にロゴがプリントされており、あるようでなかった新鮮さが味わえる。

どれも、デザイン性と個性が光るアイテムばかり。秋晴れの日はスウェット一枚で、寒くなってきたらアウターのインナーとして…。つまり、毎シーズンなにかと活躍してくれるから、お気に入りを何枚か揃えておくのがオススメかも。