Kristin Texeiraは、人や場所との交流から着想を得た抽象画を描いています。彼女は自身の記憶を色彩として捉
えキャンバスへ表現しているのです。

今シーズンは、ブルックリンを拠点とするアーティスト、Kristin Texeiraとコラボレーションしました。彼女は記憶や記録を色彩と形で捉え、それを描写しています。Kristinの作品は、彼女の体験した瞬間の特別なエッセンスを詩的に絵画として表現しています。

Kristin Texeiraは、人や場所との交流から着想を得たアブストラクトアートを制作しています。彼女の色彩は、自身の記憶から導かれています。彼女の作品は「その瞬間」を伝える「メモリーマップ」です。現在はニューヨークのブルックリンにある自身のスタジオに住み、働いています。

「大人たちは、私たちが成長したとき、何になりたいかを尋ねていました。」
私は「アーティストになりたい」と言い、彼は「吸血鬼になりたい」と言いました。」- Kristin Texeira

「今は存在しない」- Kristin Texeira