夏の終わりと秋の始まりって、何を着たらいいのか毎年悩んでいる気がする。POCスタッフのファッションスナップを参考にすれば、今年はそんな悩みを解決できるかも?

西上渚(店舗スタッフ/港北店)

西上渚のリコメンドアイテム

明るい日差しに映える、軽やかな印象のバケットハット。フロントの刺繍も、落ち着いたトーンで合わせやすい。Critical Slide  BUCKET HAT ¥6,050(税込)

シンプルなロングスリーブは、ワンポイントのデザインで差がつく。ホワイトとブラックの二色展開。AFENDS Chop Hop ¥6,380(税込)

吉田忠司(営業)

吉田忠司のリコメンドアイテム

夏の終わりは、色選びが肝心。ネルシャツも、涼やかなブルーで爽やかな印象をキープ。BANKS JOURNAL  VANISH L/S SHIRTS ¥12,980(税込)

まだまだ眩しい日差しは健在。がっしりとしたフォルムは、シンプルな装いに華を添えてくれる。EPOKHE NON ¥23,100(税込)

奥秋勝也(営業)

奥秋勝也のリコメンドアイテム

ブルーシャツは軽やかに羽織ってカジュアルに着こなそう。夕暮れ、肌寒くなる晩夏にピッタリ。BANKS JOURNAL  FORMATION L/S WOVEN ¥14,080 (税込)

どんなトップスにも合わせやすいチノパン。ダークベージュは秋口まで使いやすいカラー。BANKS JOURNAL  SUPPLY PANT ¥14,080 (税込)

水野俊吾(店舗スタッフ/表参道店)

水野俊吾のリコメンドアイテム

落ち感が絶妙なトップスは、合わせ方で印象が自由自在。夏が終わるまでは、リラックス重視で。BANKS JOURNAL  VISION FLEECE ¥8,250(税込)

INDOSOLEとのコラボサンダルは、世界600足限定。タイヤを再利用した素材で、足元からエシカルを。BANKS JOURNAL×INDOSOLE TY WILLIAMS SLIPPERS ¥6,050(税込)