「私たちの口はコミュニケーションと食事をとるために、鼻は呼吸をするために作られました。運動をして息が上がることなどがない限りは、ほとんど鼻で呼吸をします」

“安らぐ呼吸”とは、どのようにして感じるべきか?

人の内部の仕組みを研究している真の探究者であれば、ごく自然に陥るジレンマがある。それは、様々な意見を持つ専門家である彼らの意見が、自分の意見と異なるときにどうすればよいのか。これは私にとっての”呼吸”の場合によくあることでした。私が長年にわたって見つけてきた3つのシンプルな答えをお伝えしたいと思います。

1.呼吸は鼻から

私たちの鼻は呼吸をするために作られました。あなたが肉体的に一生懸命に動いていなければ、ほとんどの呼吸はあなたの鼻孔を通って出入りするはずです。これは、正しい呼吸筋を使用するのに役立ち、毒素をろ過し、空気にガスを追加して血管と気道を拡張します。これらのことは、口を介して呼吸するときには起こりません。

2.呼吸はゆっくりと

呼吸することは楽なはずです。息を止めているときでも、息を吐くたびに肺を最大容量まで満たす必要はありません。呼吸効率と身体の安定のために、正しい呼吸方法は下腹だけでなく、おしりの折り目のすぐ上だけでなく、お腹の後ろと横のスペースも満たす必要があります。これがうまく行われると、胴体はシリンダー(またはコークス缶)のように見えます。これには、疲れずに緊張もないはずです。あなたは自身の呼吸がゆっくりであることを望みます。興味深いことに、太極拳のコンテストでの採点基準の1つは、呼吸していることがわかるかどうかです。

3.呼吸を調整し、状況に適応させる

呼吸を落ち着かせることは必ずしも理想的ではありません。時々、変化する環境に合わせて呼吸の状態を変化させる必要があります。状況が穏やかな場合は低速で遅く、注意深く反応する必要がある場合は高速です。それは環境の変化に適応するのに役立つスキルであり、この適応能力が成功、または失敗を決定するものであることが多いため、呼吸を使用して状態をシフトすることを学び、練習する必要があります。

最後に、ニック、彼のトレーニングに参加することをおススメします。  WEBサイト:homeholisticla.com。レッスンの説明に素敵なイラストを提供してくれたTy Williamsに感謝します。