未来は若者がつくる、とよく言われる。

最近、地球温暖化防止を訴える若者のデモや10代の地球保護活動家をよく目にする。こんな現代に生きる若い人たちは、世界を救わないといけないという責任を感じているのだろう。

国連サミットの会場や政治家のステージで若者たちの声が聞こえるようになった。そんな若者のメッセージはとてもポジティブで希望やパワーを語るものだ。大人として、同じ人間として、この若い活動家を支援し鼓舞し、彼らに力をあげなければならない。

indo000001

若者たちが発信する希望的でポジティブなメッセージに、私たちIndosoleも共感している。環境に負担をかけないより良い素材を探し、廃棄物を新しい資源に再生するというミッションがある中、今までやってきたことを常に分析し、他者にインスピレーションを与えることを目指している。Indosoleのフットウェアは環境に優しい特別な製造方法で、職人の手で丁寧に作られている。防水、安全、耐久性そして履き心地に配慮し、最高の基準を満たしているアイテムだ。そんなIndosoleのフットウェアは世界を探検する若者たちにぴったり。海、郊外、都心などあらゆる場所で遊んだり、走ったり、登ったりと様々な体験を楽しむことができる。

indo000002

身長90cmの子供であれば、世界は未知の奇跡に溢れているように見えるだろう。目の前に様々な体験が広がり、まるで万華鏡のようだろう。教育者として大事なのは知恵を共有するだけではなく、夢を追求することを応援することだ。

私たちにとって大きなチャレンジこそ、ポジティブな変化に繋がるポテンシャルが高いと信じている。たとえば、有毒な廃棄物になり得る数万台の自動車のタイヤを再生しソールを作ることで、ネガティブな問題をポジティブに解決している。視点を変えるだけで、様々なチャンスに巡り合えると思うのだ。

そんな考え方を背景にIndosoleは、子供の一歩一歩をサポートするサンダルのラインGroms&Toddlersをローンチ。このサンダルで、世界を探検し、知識を拡大していく次世代をインスパイアしたい。

優れた甲のサポート、耐久性の高さ、防水機能、子供の個性を生かすカラーリングを併せ持つIndosoleのサンダル。子供たちが街から砂浜まで自由に走り回り、世界を探検し、よりクリーンで明るい世界を作り出す力を生み出すだろう。アメリカの講演者兼作家デニス・ウェイトリーは「子供にとって一番大きなギフトは、根になる責任感と羽になる独立性なのだ」と語っている。環境にやさしい製造方法と、冒険にぴったりのデザインを使ったGroms & Toddlersコレクションは、この言葉を再現したものだ。

indo000003

純粋にワクワクできる心を持っていれば、無限の可能性がある明るい未来に向かうことができるだろう。子供の視点から見ると、世界は理想的でカラフルな場所で、いいか悪いという二つの選択肢しかないような場所だ。そんな明快な考え方により新しいソリューションやアイディアが生まれ、変化が始まり、ポテンシャルが高まるだろう。

若者たちの素朴さや無垢さを支援しなければならないと思う。その無垢な目には美しい未来の可能性が見えるからだ。

最初の一歩を出す時に、この広い世界は奇跡や可能性や希望に溢れる。