cs3333

パレルブランドができる、エコロジーへの取り組みとはなんだろうか。TCSSはつねにその問題と向き合っている。世界では、毎年5000億個から1兆個のビニール袋が製造されている。そして多くのアパレルブランドの場合、ビニール袋は必需品だ。なぜなら商品の輸送の際、メーカーから店舗へ輸送するための個包装としても使用されるから。衣服をきれいな状態で店舗へ届けるためである。

cs4444

Critical Slideでは今期から、これまでのビニール袋からトウモロコシを原材料にしたバッグの使用を始めた。見た目こそビニール製と変わらないが、有機物として分解され、土に戻すことができる。ほかにも各シーズンで、#criticallyawareというタグをモットーに、持続可能なブランドとしてステップアップすることが決定した。

またタイトルにもあるように、“オーガニックより優れているもの”も作成している。そう、それはリサイクルコットンの製品。ブランドが生産するTシャツの60%以上が現在すでにリサイクル綿糸が原材料となっている。着古されたコットンを再粉砕し、再度素材として再生させた製品だ。手に取ればわかるが、リサイクルコットンはとても肌馴染みが良く、心地良い。さらに、それを選んだという気持ち良さも味わえるのだ。

Critical Slideはこれらも持続可能なブランドとして、これまで以上に製品と地球の関係を考え、ステップアップを続けていく。

Critical Slideのアイテムはこちらからチェック!
⇒PORT OF CALL ONLINE

Leave a Reply