毎日を健康的に過ごす為のセルフ・メディケーションとして今話題を呼んでいるCBD「CALMS by H Think」。今回、実際に私生活で同商品を使用していただいているモデルであり自身のブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS」のデザイナーも務めるマリエさん、プロサーファーの進藤晃さん、K-1ファイターの卜部弘嵩さんの三者にその魅力を語ってもらいました。

CBD は鬱やストレスへの効果、睡眠の質の改善、アスリートの集中力アップなど多方面で注目される成分。そんな中、まだ数の少ない国内の工場にて日本製MCTオイルを使用し生産されている天然素材の日本製CBDとして話題を呼んでいるのが「CALMS by H Think(以下、CALMS)」です。

徹底した検査や管理のもと、原材料は安価な中国麻や産地がバラバラだったりすると成分が不安定のため、有機栽培された1つの農場(シングルエステート)と契約し、商品化しており“安心安全の日本製”となっているだけでなく、麻に含まれる100種類ある成分の中で『CBD』成分のみを抽出しており、無味無臭で継続的に使いやすい。更には、製造過程もエシカルを徹底しており、人にだけでなく環境にも優しいのが売り。

そんな至れり尽くせりな「CALMS」を実際に使ってみると、どんな効果が得られるのか。外側だけでなく、体の内側からポジティブなエネルギーを発している各界のトップスターたちとの座談会からその魅力を掘り下げてみようと思います。

―本日はお忙しいところお集まりいただきありがとうございます!まず最初に「CALMS」を使って頂いて2か月ぐらいだと思うのですが、実際に使う前と使った後の違いや率直な感想を教えていただけますか?

 

進藤:僕の場合は使い始めて2週間後ぐらいから、睡眠が深くなったのに目覚めも良くなりました。今までどこか緊張しながら寝ていたのか、それが解れて身体がリラックスした状態のまま目が覚める様になった感じです。後、元々1時間毎とかで目が覚めたりしていたのですが、それが一晩通してぐっすり眠れる様になりました。

マリエ:私も毎晩何回か起きてしまっていたのですが、回数が減ったり、起きてもまたすぐ寝れる様になりました。一番最初にこのCBD ISOLATE TINCTURE 2000mgを使った時は、そのままコテンと眠れてた感じはありましたね。

卜部:僕も睡眠の質は良くなりました。寝る前にスマートフォンをいじるんですけど、いつの間にかバンッと落とすんですよね(笑)。

―睡眠以外ではどうでしょうか?

 

マリエ:私は展示会前やラジオ前とか色々な事が重なると焦りがちなんですが、この2000mgとCBD ISOLATE REPAIR ROLL ONを家のテーブルに常に置いていて、落ち着きたい時に使って30〜40分程経つと、すごいリラックスして運転してたりとか、焦りが消えて仕事に取り組めています。

―オイルタイプのCBD ISOLATE TINCTUREは朝と夜に飲まれていますか?

 

一同:朝と夜ですね。

マリエ:チャイとか、暖かい飲み物に入れたほうが効果は感じやすい気がします。

卜部:朝はコーヒーに入れたりしますよね。

マリエ:ROLL ONの方は最近トイレに置く様にしています。みんな1日に何回かトイレに行くと思うんですけど、アロマオイル的な感じで手を洗うついでに塗って、また仕事戻るみたいなのは、すごく良いリフレッシュに繋がっています。もっと塗りたくりたいと思っちゃう(笑)。

進藤:サーフィンした後は、ROLL ONをほぼ毎回使っていますね。パドリングで肩を使っているので、海を上がったらすぐ使っています。運動やシャワー浴びた後なんかは毛穴が開いているからなのか、より吸収しやすい気がします。

―サウナ後とかも良さそうですよね。

卜部:僕の場合はジムのロッカーに置いてます。拳を痛めたりするので、そこに塗ったり。CBDは数年前にUFCの選手が使っているという事が噂になって、格闘家の間でザワついたんです。THCのイメージがまだ悪い部分があると思うんですけど、CBDはそうじゃないぞと海外のトップファイターが会見で言っていたりしていて。鎮痛作用もあるということで、日本の格闘技界でも使っている人は増えたんじゃないですかね。

―鎮痛目的で使っている人が多いのでしょうか?

 

卜部:先ほど話されていた様に睡眠の質の向上やリラックスの為もあると思います。

マリエ:サーフ界でも使っている人は多いんですか?

進藤:すごい多いです。世界的に増えて、徐々に日本のプロサーファーも使い始めてると思います。

マリエ:進藤さんや卜部さんの試合前の緊張感や恐怖心レベルって、きっと我々の生活とは比べられないぐらい尋常じゃないですよね(笑)。

卜部:緊張というか、肩に力が入って固くなっちゃう時があるんですよ。それはやっぱりマイナスな事なのでリラックスした方が良いですね。

マリエ:でも、興奮やワクワク感もあるんじゃないんですか?

進藤:少しは興奮しなきゃいけないけど、興奮し過ぎると空回りしちゃう。だから、ある程度テンションは上げつつも、興奮を自分でコントロールできる様になると集中ができて良いのかなと思います。僕の場合、波の事を理解しないといけないですし、自分だけ興奮していてもダメなので。

卜部:僕も同じですね。あんまりリラックスし過ぎても良くないですし、いい意味で興奮しつつコントロールして集中するのは、本当に一緒です。

―マリエさんにお聞きしたいのですが、CBDを使って美に対して良かった事はありますか?

 

マリエ:肌の調子がすごく良いです。我々の世代だと、乾燥とかが本気で気になってくる頃なんですけど(笑)。女性はダイエットで脂質を気にして抜いたりすると、それが肌の乾燥へダイレクトに影響が出たりする。普段の食生活で悪い油は抜いて、「CALMS」の様に肌に良いと言われているMCTオイルを摂取する事で肌の保湿が保たれているなと思います。

ーCBDを使うと整腸作用もあって、それも肌が良くなる理由の一つでもあるみたいですね。

 

マリエ:腸内環境を整えると、全ての万病が良くなるって言いますしね。だから、それはすごい嬉しいです。腸内環境が良くないとイライラにも繋がるらしいですよね。

―生理前のイライラや鬱などのPMSも抑えられると言います。JAMGLE JAMの社員の子もすごい良くなったと言っていましたし、私も偏頭痛が本当に良くなりました。自分の健康は自分で管理するセルフメディケーションが注目されている昨今ですが、皆さんは日頃健康にはどの様に気を付けていますか?

進藤:何でもサプリとすぐ言われてた時代から、今CBDに移ってきてるのは確かですよね。

マリエ:私もサプリは飲んでないです。

卜部:僕は油を摂っています。それこそMCTオイルはダイエットの人にも使えるだろうし。悪い油はダメですけど、CBDオイルなどの良いオイルは採った方が良いんですよ。朝などが良くて、ケトジェニックという食事療法があって、炭水化物など糖質を抑えて、良質な脂質をとることで満足感を得ながらダイエットができることで有名なんですよ。糖で動く身体じゃなくて、脂で動く身体にした方が効率が良くなるんですよね。

マリエ:へぇー!勉強になります。

―元々CBDは人間がみな持っている身体調節機能を正常に戻す物で、1ヶ月でいきなり効果が出るのではなく、ずっと継続していくと少しづつ変わっていく物なのかなと思います。ちなみに飲むのを途中で辞めた事はありますか?

 

卜部:僕はあります。絶対に自分で人体実験をして、続けるか続けないかを試すんです(笑)。辞めた時は不眠症が続きました。元々疲れ過ぎて不眠症になるタイプだったんですけど、起きても疲れが溜まった状態で1日がスタートする感じですね。

 

―CBDが日本で認知が広まったのは、VAPEなどの電子タバコからでメンズのイメージが強かったですが、今は女子に向けたCBDアイテムが増えてますよね。

 

マリエ:私もCBDのニュースを見て最初に買いに行った時は、ヤンチャそうなお兄さんがいる様なお店にしか無かったんですよ(笑)。それが「CALMS」の様に女性でも簡単に手が出せる様な安心感があるプロダクトになっていったのは嬉しいですね。

ー「CALMS」は麻からとれるCBD成分だけですが、他のブランドの製品はCBD成分だけではなく麻からとれる100種類ある他の成分も入ってるから苦味があったりするらしくて。CBDオイルは他に海外製品の物などを試した事はありますか?

 

進藤:あります。少し臭みがあって、抵抗がある人はたぶん嫌いになる方もいるだろうなと思います。違う成分が残っちゃっているのかなという気がします。

 

―毎日継続して使う事に意味があるので、「CALMS」は無味無臭でストレス無く取り入れられる点も良い所だと思います。これからのシーズンは特にプレゼントなどにも最適なんじゃないかなと思います。

 

マリエ:カップルで兼用できるデザインなのも嬉しいです。

卜部:プレゼントであげるなら、自分が普段使って良いものをあげたいですしね。