いつもとはライフスタイルも、レジャーも、変化がありそうな今年の夏。

レジャーやアクティビティを楽しめないのは悲しいけれど、そこで気を病むのではなく、"自分とゆっくり過ごす夏"ということにして、ストレスフリーを心がけるのが吉。

セルフケアに精を出してみたり、近所の知らないカフェを探索してみたり、いつもより行動半径は狭いかもしれないけれど、それを楽しみながら自分を再発見をしていく夏も、いいのかも。

…とはいっても、夏の日差しは例年通り、容赦してくれない。

屋外はもちろん、屋内でも、窓ガラスを通って紫外線が入ってくることは、ついつい忘れがちだ。

天然由来で自分にも環境にも優しいケアシリーズ、SALT&STONEの商品をシーンごとに使い分けて、いつもと違う今年の夏とも、例年通りの日差しとも、上手に付き合っていこう。

1.一日の始まりに、チューブタイプの SPF30 SUNSCREEN LOTION

室内にいても、80%前後の紫外線はガラスを通って肌に降り注ぐらしい。

だから、室内で過ごすことが多い場合も、日焼け対策をしておくのがベター。

チューブタイプのSPF30 SUNSCREEN LOTIONは肌に軽く伸び、ベタつきも無し。厳選されたオーガニックオイルとバターを配合しているから、肌へのダメージもなく、ボディクリームの感覚で普段使いできるのもおすすめポイント。

朝、ボディケアとして塗れば、家でも、ちょっとした用事でも、あなたを紫外線から守ってくれる万能アイテム。

ウォータープルーフなので、ちょっと汗をかいても流れる心配が無いのが嬉しい。バッグにも入れておける丁度いいサイズ感なので、外出時に日差しが気になったら、サッと取り出せるのもGOOD。

2.油断大敵な"マスク日焼け"には、SPF50 FACE STICK

もはや生活必需品となったマスク。

みんなマスクをつけて生活することにだんだん慣れてきていると思うけれど、そんななか気をつけて欲しいのが"マスク焼け"。

暑いなか長時間マスクをしていると、例年よりも顔に汗をかくから、いつも使っている日焼け止めだと、気付かないうちに落ちてしまっているなんてことも…。

「顔の上半分だけが日焼けしていた!」なんて悲劇を起こさないためにも、このスティックタイプのSPF50 FACE STICKをつねに携帯して、小まめに日焼け対策を。

このSPF50 FACE STICKは、長時間紫外線に晒されるマリンスポーツやアクティビティを想定した商品なので、自然由来の成分で肌と環境を労わりつつ、SPF50で私たちの顔をしっかり守ってくれる。

その上、スティックタイプで手が汚れないから、手に出して塗るわずらわしさやストレスもなし。衛生面から見ても超優秀だ。

3.気分転換とリップケアを両立してくれる、SPF 30 LIP BALM

マスクの中で空気がこもると、体感温度も上昇してなんだか気分が下がってくる。

そんなときには、SPF 30 LIP BALMを唇に塗り、カリフォルニアペパーミントの香りで気分転換。

清涼感のあるミントの香りは、気持ちをはっきりさせたり、集中力を高めたり、眠気を覚ましたりする効果があるので、暑さでボーッとしがちな夏には、ぴったりなフレイバー。

また、身体を冷やしてくれる効果もあるため、火照った体温を落ち着かせてくれる。

SPF 30 LIP BALMの原料として使っているのは、高い保湿効果に信頼のある蜜蝋(ビーワックス)。

マスクの着脱による摩擦と、湿度変化、さらには日光で、いつも以上にストレスを抱えている唇を優しくケアしてくれるはず。

蜜蝋のほかにも、オーガニックのエキストラバージンココナッツオイル、エキストラ バージンオリーブオイルを原料として使用しており、保湿への信頼度はバツグンだ。

実は、唇は肌を守るための皮脂腺がないため、水分を失いやすい。乾燥はもちろん、日差しによっても大きなダメージを受けてしまうため、顔や身体と同様、もしくはそれ以上にケアが必要な部分。

お守りのようにポケットに忍ばせておけば、好きなタイミングでリフレッシュとセルフケアが手軽に叶うこと間違い無し。

いつもと違う夏を、悲しむのも、楽しむのも自分自身。

一人だとどうにも心細いけれど、そんなとき、自分をプロテクトしつつ労わり、勇気付けてくれるSALT&STONEのアイテムはきっと強い味方になるばず。

これからも続きそうな非日常の波に笑顔で向かうためにも、ストレスフリーな生活を実現していこう。