株式会社ジャングルジャムで展開しているブランドの商品につきまして

並行輸入品・類似品にご注意ください

全商品をアジアサイズに修正し、直営店、正規取り扱い店、および公式オンラインサイトにてご提供させて頂いております。
海外からの並行輸入品や、偽物が出回っておりますので誤ってご購入される事の無いよう十分にご注意ください。

logo_banks
2014年、日本・オーストラリア・アメリカの3カ国の共同プロジェクトとして誕生した全く新しい今までにないブランドとして世界中での展開がスタート。 アンバサダーとして今も尚JOURNEYを続けるスタイルマスターの"Jared Mell, Jassson"salsa" Salisburyを迎え入れ、クラフトマンシップ(職人技)とクリエイティビティ(創造性)を追求。スタイルの調和や機能性とサスティナビリティの両立を実現するためにデザインしています。 Tシャツは全てオーガニックコットン100%でボードショーツは65%リサイクルポリエステルの生地で作られています。そして全てのブランドネームタグは100%リサイクルポリエステルを使用しております。この様にBANKSは地球環境に負荷を掛けないように守り、機能性も追求しながら継続可能な社会を目指したブランドなのです。
tcss_150729
THE CRITICAL SLIDE SOCIETY(TCSS)は2009年9月にオーストラリア東海岸沿いの小さなコテージでジム・ミッチェルとサム・クーンズによって誕生しました。 ここ数年間、彼らは世界中から集まった仲間と共に小さなチームを組みブランドをゼロから作り上げてきました。サーフィン、ファッション、アートそしてなによりもユーモアによって人々が繋がる世界を作り上げてきました。 TCSSは現在オーストラリア、アメリカ、カナダ、スペイン、日本の厳選されたセレクトショップで取り扱いがあります。

new logo
世界ランカーだった元プロサーファーがカリフォルニア、ハンティントンビーチで立ち上げたブランド。高級感のあるイメージやデザインで、着る人のライフスタイルをサポートします。 ブランドの創立者であるボビークヌッドソン、ケーシーウィットらは、LAから約100km南下した小さな町NEWPORT BEACHで生まれた。SURF CITYとしては世界的に有名なハンティントンビーチの高校を卒業後、プロに転向し世界中をサーフし、97年ROIALを設立。 常にローカル達に囲まれ、サーフカルチャーに接してきた彼らはカリフォルニアのトレンドを取り入れつつ、アクションスポーツ業界とアパレル業界の橋渡し的存在となるべく、新しいスタイルを模索しつづけている。
logo_afends
70年代オーストラリアのヒッピーカルチャーの聖地として有名なバイロンベイにて、その第二世代として生まれ育ったDeclan Wise(デクラン・ワイズ)、Jono Salfield(ジョノ・サーフィールド)を中心に2006年に設立されたオルタネートファッション&ライフスタイルブランド。 Punk-Rock をルーツとしたバイロンベイのモダンデイカルチャーとフリーリビングアティテュードをテーマに、自宅のバックヤードにてハンドスクリーンプリンティングを施したオリジナルアートTシャツの販売からスタートした後、またたくまにオーストラリアで成功をおさめ、現在世界15カ国に広がるブランドへと成長。 "Question Everything" (全てのことに疑問を持つこと)を信条とし、そのあくなき探究心と創造性により、アート、ミュージック、サーフ、ストリートと共にある彼らの日常のライフスタイルをテキスタイルに落とし込み、"Afends way of life" としてバイロンベイより提案している。

logo_epokhe
時代の先端をゆくサーフ映像界の奇才 カイ・ネビルと、その独創的なスタイルと感性で次世代のサーフシーンを牽引するプロサーファーであるディオン・アジウス、ミッチ・コレボーンの三人が2012年ににオーストラリアのバイロンベイで スタートさせたアイウェア ブランド"EPOKHE"。 (エポキとは古代ギリシャの懐疑派の主張する哲学態度。現象に対して一切の断定を留保すること。) ありふれた日常と歴史的相同からくるライフスタイルの延長線上にあるプロダクトとしてのアイウェアは、単一の有形物としてではなく、そのファウンダーの本質的な衝動による探求と新しい機軸によりライフスタイルに溶け込むものであるというコンセプトのもと、オーストラリアのモダンテイストメーカー達の感性と信念から生み出されるデザインは世界中の人々を魅了しはじめています。
fallen
2011年 バイロンベイ(オーストラリア)にて幼少期からの友人である JUSTINE CRAWFORD と DAVID FRIM によりブランド設立、後にJUSTINEのパートナーでもある DIVA CORY がチームに参加し3人でブランドを運営。20世紀初頭には外出時に誰もが着用していたといわれるハットカルチャーをふたたび世に広めることを、まるでローラーコースターに乗るように楽しいのものであると考え、ハットによりスタイルに加味されるムードや、それがファッションに与える高揚感を演出することをコンセプトに、100%オーストラリア産のウールを用いたハットを中心に展開している。

KASSIAロゴ
”ノーズライドの女王”と冠され、2011年にはWSLツアーで2位にランクインしたレディース・ロングボード界のカリスマKASSIA MEADOR。 生まれ育ったカリフォルニアと数々の世界ツアーの経験から見えたコースタルライフ、サーフィンと女性の理想的な関係性。 コンセプトは、FREEDOM (自由)、empowerment (湧活)、 enlightenment(啓発)。 消費では無く、人生の一部として、サーファー、そして自然を愛する一人の女性として、コレクションを通じてKASSIAが女性のライフスタイルを描きます。
UPPERCUTロゴ
不朽のスタイル。 1950年代から現代まで継承されるバーバーの流儀そしてWilly“Uppercut”O’sheaから受け継いだ意思。時代を超越し、信念を貫く。 Timeless StyleそれがUppercut Deluxe。